大地リカバリー治療院

秋に多いトラブル① - 院長のブログ

朝晩はだいぶ涼しくなりました。夏が終わり涼しくなると風邪を引く方が多くなります。この時期の風邪は下痢や食欲不振が長引く事がよくあります。本来、夏の過ごし方というのは汗をかき熱を外に出して、体が熱くなりすぎないよう調整します。しかし、現代人は暑いとクーラーをかけ冷たい飲み物を氷を入れがぶがぶ飲んでいます。夏はこれでもいいのですが秋になるとこのツケが回ってきます。

秋になり涼しくなると体は熱を発散モードから熱を蓄積モードに変化していきます。この時、夏に体を冷やしすぎていると熱をためる力が弱ってしまい外気温が下がっても体が対応できなくなってしまいます。そうすると風邪を引きやすくなってしまいます。

このような風邪の対処はまず「胃腸を元気にする」ことです。生野菜やビール、冷たい飲み物は少なく温かい飲み物(できたらノンカフェイン)やイモ類など消化の良い物をとるようにしましょう。