大地リカバリー治療院

夏バテについて - 院長のブログ

7月も半分終わりました。暑い日が続きますね。
夏の猛暑により体は熱せられ汗をかきます。
東洋医学では汗は血から作られていると考えます。血には体を温める「陽」の役割と体をクールダウンさせる「陰」の役割があります。つまり血はみずから汗に変わり体表に発散させる事で体を冷やしたりラジエターのように体の中を循環して冷やします。
しかし汗をかくのは血を消耗することになり血が減ると冷却能力が落ちて、ますます体内に熱がこもるようになります。消化器に熱がたまると食欲不振や胃もたれ、下痢などの胃腸症状が出ます。心臓に熱がたまると動機や息切れなどの症状が出ます。
では冷やしたらいいのかというと、冷たいエアコンに長時間あたっていたり、冷たい飲み物や食べ物をたくさん取りすぎると上記の胃腸症状がでます。

夏バテは多くの場合、過ごし方によるものが多いのです。