大地リカバリー治療院

食欲の秋 - 院長のブログ

秋が深まってきました。朝晩はだいぶ涼しくなりましたね。

この頃は食べ物が美味しく感じられるようになり、「だし料理」にはまっています。
「だし」といえば顆粒の素を使っていたのですが、最近は鰹節と昆布で自作しています。
だしを取るのは難しいイメージがあったのですが、意外と簡単に出来る事が分かりました。
水1リットルに昆布10gと鰹節片手に一掴みを入れて沸騰したら弱火で5分、後はペーパータオルでこして搾って
すると800ccのだしが出来ます。

これをベースに「和風カレー」や「肉じゃが」、「ふろふき玉ねぎ」を作りました。
カレーはルーを使わずにカレー粉や味噌、醤油などで味つけた物です。小麦粉は大さじ2くらいでスープカレーのように
あっさりと出来ました。

たくさん出来たら周りの人におすそ分け、そうすると結構喜んでもらえます。

和食は野菜も取りやすいし脂も少なくて健康的です。そして「美味しい」。

日本人で良かった、とつくづく思います(^^♪