大地リカバリー治療院

肩こりの治療法

 

「肩こり」といえば誰もが知っている病態です。

平成26年の国民生活基礎調査の症状別自覚症状では男性2位、女性1位と多くの方が症状を有しています。

整形外科では肩こりの事を「頚肩腕症候群」や「肩結合織炎」という事もあります。

【研究の歴史】

結合織炎についてLANGE(1930)はその原因を筋に特有の組織所見がなくゾルがゲルに変わる膠質化学変化によるだけとして、これをミオゲローゼと名づけました。

1922年、波多野は「肩こり」で硬結を示す筋群は自律神経線維に富むものが多い事を報告しました。これは河邨(1950)らによって支持されました。彼らは173例の肩こりを主訴とする患者の筋硬結の硬度を数量的に測定する傍ら、主変は僧帽・菱形・棘上筋に起こっていることや、各種ブロックによる病態推移を観察して、肩こりは神経性であり、しかも交感神経の局所的緊張亢進であると結論づけました。

結合織炎のうちには、筋線維の変性や脂肪浸潤などの非可逆性変化があるものが観察されており、FASSBENDERら(1973)は電子顕微鏡所見から持続性の筋緊張が続くと消費酸素要求性増大の状態が絶えずあり、これに対応できないとき筋の微小器官の進行性破壊が起こるとしています。

一方、肩結合織炎の原因として、茂手木(1964)は肩こり患者150人の頚椎を検索して若年(30歳代に多い)にみられることから頚椎の骨軟骨変化によるものだとしました。信原病院の金谷ら(1999)は332人の肩こり症例を調べその30%は40~50歳代に発生しており、全体の72.6%に何らかの頚椎椎間板障害が存在したと報告しています。

1964年、石田はtrigger mechanismの考えから肩こりを説明しています。過労・疲労などによる代謝産物の蓄積は電解質や体液の平衡破綻、筋痙直・浮腫・硬結などをきたし、そこで産生される疼痛物質が疼痛を起こすようになる。知覚過敏帯を伴う圧痛点trigger pointと関連痛・放散痛の投射部位target areaが肩こりの実態であるとしています。

1993年、MENACHEMらは肩甲挙筋症候群を発表しています。それは肩甲骨内上角に痛みがあり、痛みは頚に広がるが腕には放散せず利き腕に82%発生する病態であると説明されています。

【肩こりの原因】

まず現代のライフスタイルによる運動不足や精神的ストレスが挙げられます。運動量が低下すると全身の筋肉の活動性が低下し、それが筋肉の疲労に繋がり肩こりが起きやすくなります。筋肉の弾性を保つには筋の収縮と弛緩を繰り返すことが必要で、その結果血流が良くなります。

一方心因的ストレスは現代の生活にはつきもので「受験や進学」「就職や結婚」「経済的問題」「対人関係」「職場での地位」などが挙げられます。これらのストレスは交感神経を緊張させ”筋肉を緊張”させます。

力学的に説明すると、

現代のライフスタイルはスマートフォンやPCで下を向く事が多く、頭を支える事で首の後方筋に大きなストレスがかかります(上図)。

これだけ顔を下に向けるだけで後頚部は4倍もの負荷がかかる事がわかります。この負荷は筋肉が負わないといけないのです。

頭の重さは体重の7%といわれており体重60kgとすると4.2kgという事になります。かなり重たいのです。

肩甲骨は肋骨の後方にあり上下左右に動く事ができます。可動性があるのでそれを支えているのは筋肉ということです。肩甲骨の外側には上腕骨が付いています。つまり、肩甲骨は上肢の重さを支えていることになります。上図のように肩甲骨の内側、内上方の筋肉は上肢の重さを支えるため収縮しなければなりません。肩甲骨内上方の筋肉は腕の重みを支えつつ頭の重さも支えなければならず、酷使されてしまうのです。

このような理由により上図の赤丸点が凝りを訴える好発部位となってしまうのです。

【治療法】

脊柱両側の夾脊穴へ最初に排刺します。前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋、肩甲挙筋へと排刺していきます(下図参照)。

更に僧帽筋上部線維の緊張が強い場合は、肩上部につまみ押手で鍼を入れる場合があります。

下の断面図を見てわかるように首の後方筋は何層にも重なり合っている事がわかります。また頸動脈と静脈はかなり前方にある事が分かります。